国産のお花。生産者の想い。日本のお花のポータルサイト。

STORY#3190

Flower week~東京・日比谷会場のお花の紹介~

一般社団法人日本花き生産協会

団体

一般社団法人 日本花き生産協...

#北海道 star---

お花の数15

STORYの数30

この生産者に連絡する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Flower week
~1輪の花で生まれるコミュニケーション~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は11月15日(水)~22日(水)(※土日はお休み)に行われているイベント
Flower week。

このページでは、
東京・日比谷会場で使用されたお花のご紹介をしていきます

開催会場:東京・日比谷 WeWork 日比谷FORT TOWER

 



イベントで登場したお花



カラーリングマム



今回イベントで使用されたカラーリングマムは『輪ギク(リンギク)』と言われ、1本の茎に1つの花を咲かせるキクを使用して、
染色液を使い色とりどりのカラーリングを施したものです。
今回使用した輪ギクは精の一世という品種。


その輪ギクに染色液を吸わせレインボー色にしてみました。

今回のイベントでお花を提供いただいたのは、
JA愛知みなみ輪菊部会の皆さんが育てた輪ギクです。
茎が太く、大輪で花持ちの良い輪ギクを育てるプロ集団。
是非生産者のみなさんの顔ものぞいてみてください♪

 



スプレーマム

枝状(スプレー状)に多数花を咲かせる1茎多花咲きのキクです。
洋ギクということで、一般的にキクではなくマムと呼ばれているんです。
愛知県JAひまわり
皆さんが育てて下さったスプレーマムです✨

今回会場に登場した品種は5品種

サバ

ヌーボ

ワッツアップ

上記の他にも、
パステラカバ、パステラローズというスプレーマムが会場に登場。

スプレーマムは、1つの枝にたくさんの花が咲くので
とってもアレンジしやすく色とりどりのブーケなどにするのもオススメです♪

 

 


 

カーネーション

母の日のイメージが強いカーネーション。
年間を通して楽しめる花でもあります。
それも、生産者さんたちの努力の賜物です…✨

今回会場に登場した品種は4品種

メレットサーモン

 

ジュリア

レディーシーン

シャープ

 

このカーネーションを育てたのは、愛知県稲沢市の
大谷園芸さんです。

その他にも、
愛知県西尾市のカーネーション、
シャララ、そよかぜ、ムース、クレッセント、モモカ
フォルテ、ミモザ、モエ、マホ、ノビオ・バーガンディー
10品種も登場します♪

 

 


ユリ

ユリは北半球のアジアを中心にヨーロッパ・北アメリカなどの
亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけて広く分布していて、
原種は100種以上、品種は約130品種もあるそうです。
咲く姿が本当に美しく、一輪でもお部屋をパァっと豪華にしてくれますよね。

今回会場に登場したユリの品種は

ザンベジ

タランゴ

シャルドネ

この3品種、ザンベジ、タランゴ、シャルドネ
魚沼花き園芸組合の皆さんが育てたユリの花です。

エルディーボ

チェザーレ

 

この2品種エルディーボ、チェザーレを育てたのは、
埼玉県のJAふかや深谷ゆり部会の皆さんです!

 

 

 


バラ

バラの栽培史についてはなんと紀元前500年頃に、
古代中国の宮殿(周王朝)の庭で栽培されたのがもっとも古い記録。
そんなに昔から人々を魅了し続けているバラ。
プロポーズにもバースデーにも定番ですよね。

今回会場に届いたバラは…

ナイチンゲール

パルマレス

メルティーラブ

 

佐賀県の鬼崎バラ園さんが育てた3品種のバラです。

他にも、
愛知県の天野バラ園さんが育てたバラも会場にありました。

 


ラン

 

日本では祝い事のプレゼントとして重宝されているラン。
胡蝶蘭がパッと思いつくか田茂多いと思いますが、
蘭は、野生種だけでも10,000〜30,000種類、
品種改良種を含めるとそれ以上の種類が流通しています。

今回会場に登場したランをご紹介します。

ミディカトレア

ランのなかでも女王と言われるカトレア。
色んな品種が存在しますが、今回登場したのはコチラ。

ミディカトレア メリッサ

こちらのミディカトレア、メリッサを育てたのは、
千葉県山武市布施洋蘭園さんです。

 

シンビジューム

ランの仲間、シンビジュームという種類のお花です。

今回会場に登場した品種はコンパクトで可愛い
テーブルシンビ

 

このテーブルシンビを育てたのは、
高知県宿毛市の石田蘭園さんです。

 


 

東京会場限定のお花

東京の会場のみ登場したお花のご紹介です♪

 

佐賀県産ケイトウ

品種はボンベイアスカセレクトミックス

ケイトウは古くから親しまれているなじみのある花で、
ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれています
様々な形がありますが会場にあったケイトウは扇型のボンベイケイトウ。
色もたくさんあり、季節のアレンジメントにも使いやすいと好評なんですよ!

宮崎県産のスイートピー

品種はサンライトブラウン(染)

ふわふわっとした花弁が可愛い、スイートピー。
豊富な花の色から、花のクレヨンとも呼ばれています。
今回会場に登場したのは、染色系のスイートピー。
もともとスイートピーはカラーバリエーションが豊富な花と書きましたが、
染色に向いていることもあり、自然な花にはない色に染め上げた花も
多く出回るようになりました。

長野県産のヒマワリ

品種はサンリッチマロン

夏のイメージが強いひまわりですが、
サンリッチという品種は冬でも13℃~15℃くらいの温度条件が整えば
開花する画期的なひまわりなんだそう✨
寒くなった冬でも、お家の中は夏気分で元気をもらえそうですね!
国産のベロニカ

品種はベロニカミックス(ビクトリー)

縦のラインが美しく、スマートな草姿とさわやかな花色が魅力のベロニカ。
世界中で約300種、日本にも約20種が自生しているそうです。
名前の由来は、その花がキリスト教の聖女ベロニカに捧げられたものと
言われたことから付けられたそうです。
ベロニカは別名でセイヨウトラノオ(西洋虎の尾)や
ルリトラノオ(瑠璃虎の尾)と呼ばれますが、
これはベロニカの花穂から「虎の尾」がイメージされることから付けられました。
千葉県産のセンニチコウ

品種はオードリーバープル

切花やドライフラワーに欠かせない存在のセンニチコウ(千日紅)
紫赤色をしていてアクセントになりますね!


 

お家で長く楽しむために

お家で切花を長く楽しんでいただけるように
お手入れ方法についてご紹介します。

基本は活けるお水を清潔に保ってあげること。
茎を切る際はきれいな水の中で切ることも大切です。

可愛い美しい姿を少しでも長く楽しんで、
心のビタミンに、暮らしの彩りに…
していただけたら嬉しいです。

そして
大切に大切に育ててきた生産者の想いが
少しでも届くことを願っています。

 


 

本事業は農林水産省令和5年度持続的生産強化対策事業のうち「ジャパンフラワー強化プロジェクト推進」の一環として花き生産供給力強化協議会が実施しています。


 

タイトルとURLをコピーしました

SHARE

PAGE TOP
国産のお花農家と直接連絡できるお花のポータルサイト。

お花・生産者を探す

OR

一覧からお花・生産者を探す